本気でハシゴ店

私は今年の4月から一人暮らしを始めたんだけど、スーパーのチラシを見ることから一日が始まるの。
私が行くスーパーは基本4つ。

① 自宅から最寄りの「L」
② チラシ日は超安いけど、遊園地のアトラクション並みにならぶ「M代」
③ 月曜日は激アツ!!!全品10%オフの「K西スーパー」
④ とにかく安くて大量「G務スーパー」

① の「L」は割と生鮮品も新鮮で、品揃えも豊富なかわりにちょっとお高め。それでも自宅から歩いてすぐ行けるから、よく使うわね。
ただお昼過ぎはパン類に、夕方4時30分頃にはお肉に見切りシールが貼られるからこの時間帯を狙えば安くで手に入れることができるの。

お目当てのものに見切りシールが貼られていれば、心の中でガッツポーズをするんだけど素知らぬ顔をして、けど他の人に絶対譲らずに素早く商品を手にするのも慣れたものよ。
あとは水曜日と土日はポイント3倍になることが多いから、お米や少し値の張るものはできるだけこの日に選んで買うようにしているわ。


②の「M代」は自宅からは遠いんだけど通勤路にあるから、仕事終わりによく利用するの。安売りの日はお肉が特に安くなるので、すごく重宝しているわ。
ただチラシ日はかなり客数が増えて、レジに並ぶのが15分なんて日も。

待ち時間は暇だから前後にいる奥様たちと話すこともあったりして、そんなときは「ワシどこの主婦やねん」って思うわ。

けどその奥様たちからは「学生さんなのに自炊して偉いわね」なんて言われるの。私はいつの日か主婦として認められる日がくるのかしら。

 

月曜日だけは特に買うものがなくても③の「K西スーパー」に行くの。だって月曜日はお酒以外が10%OFFになるんだもの。

普段は節約に努めているけれど、この日は少々の出費は厭わない。ここではお菓子や冷凍食品を買うことが多いわね。ただ10%OFFに釣られて買ってしまった後に、他のスーパーの普段の値段の方が安かったなんてこともあるから注意が必要ね。
あとこのスーパーには併設のお花屋さんがあって、月曜日にはお花を買うの。お花屋さんって少し敷居が高いイメージがあるけれど、さすがは民度低めな地元。

お花屋さんの店員さんが全くナチュラルでなくキラキラもしてなくて(最高の誉め言葉よ)、気軽に買うことができるの。季節のお花や綺麗な色のお花を選ぶことは最高の楽しみの一つね。『花のある 訂正な生活』のインタビュー依頼待っているわよ。

 

まとめ買いしたいときや量が必要なときは「G務スーパー」に行くわね。一人暮らし始めたては今より更に節約に燃えていて、休みの日にまとめて買ってまとめて冷凍していたりもしていたんだけど、そこまでするのに少し疲れてしまったから最近はあまり行かなくなったわ。

ただ普段から牛乳と卵が安いから、この二つが必要なときはわざわざここに行くこともあるの。

 

この4つのスーパーを時にはハシゴして、なるべく節約して生活しているんだけど私は一体なんのために節約しているか時々分からなくなるの。
結婚資金が必要なわけでもない、車や家を買う予定も全くない。
いまの仕事は決して高収入ではないけれど、一人で暮らす分には問題のないお給料は貰っているわ。
なのにどうして私はこうまでして、毎日チラシを見比べて、毎日1円単位で家計簿をつけているのかしら。

それはきっと私が貧乏性だからなのよ。

時々貧乏性の自分に嫌気がさして、何も考えもせずに買い物をすることもあるの。
だけどね、そうすると決まって

「あっちの方が安いのにもったいないことをした」

「この50円の差×4でビールが飲めたのに」って思ってしまうのよ。

だから私は懲りもせず、まず①のスーパーで値段だけを確認して、②のスーパーにも行く。①の方が安ければ①に戻って買い物をし続けるの。
あぁこの時間がもったいない、そんな数十円の差なんて大したことないじゃないか、と毎回思うのよ。

だけどね、それで割り切れる程できた人間じゃないの。
安く買えたことは喜びだけど、それ以上に自分の貧乏性にウンザリ。

これは一種の病気ね。私は一生この病気と付き合わなければならないのかしら。

 

明日の予定??もちろんスーパーのハシゴよ。