自己分析

最近就活生と思われるスーツ姿を見かけることが多いが、新卒対象の就活はもう始まっているのだろうか。
私は転職活動も含め何度か就活をしている。
人によっては就活が楽しいだとか、特に苦労していないだとか言う人もいるけど私はできることなら今後一生就活はしたくない。
なぜなら就活をするにあたって必ず書類を書く必要があり、その作業があまりに苦痛だからだ。

 

 

就活をする際、「自己分析」をしなさいと言われた。
私ももちろん「自己分析」と言われるものをした、のだろうか。
過去のことを振り返るとともにこれからのことを見据え、自分がどんな人間であるのかを考える。
その分析結果をもとに「自己PR」欄を埋めてきたつもりだ。
しかしその「自己PR」欄に書いた自分というものが本当の自分を表せていたかは甚だ疑問である。

 

 

私は自己PRの中で以下のような内容を書いてきた。

・物事を前向きにとらえ~~~~~
・私は明るく、周りを積極的に巻き込み~~~~
・社交的で自ら~~~~

 

自分のことを前向きで明るく社交的だと思っていた。しかし私はそんな人間ではない。
明るい要素があるにはある。それは身に着ける服飾のみ。
実際にはダークな部分が私の人格の多くを占めている。

 

前向きな人間が「人生 絶望」だなんて検索サイトで入力しないだろう(絶望することなんて何もないのに)。

 

明るい人間が、満員電車に揺られる中で「この電車にいる人の数だけでも愛情や憎悪といった様々な感情があり、その先には結局死がある。更にはこの世界には想像がつかないほどの人がいて、いや、もう亡くなった人も合わせると……。その人たちの思いと存在とは……。」とクラクラすることなどないだろう。いや、明るく見えている人でもこういうことを考えたりするのかもしれないな。なんてそもそも明るい人は考えないのだろうか(無限ループ)

 

 

自己分析をしても、自分のことなんて何一つ分かっていなかった。
むしろ真逆の人間として自分のことを考えていたのだ。

 

また他人に言われて初めて自分の知らない性質に気付かされるのなんてしょっちゅうだ。

・「怒ることがない」や「寒すぎると怒る」
・「人間らしい」や「血が通っていない」や「神様」
いずれも他人が私に対して抱く印象の一例である。
ねぇ、私という人間がますます分からなくなるよ。

 

私は明るい人間なんかではないし、暗い人間でもないのかもしれない。はたまた明るい人間なのかもしれないし、暗い人間なのかもしれない。
もうこの先自己分析なんてしない。私は私だ。それ以上でもそれ以下でもない。
 

 

今後もし自己PR欄を埋めなければならない状況になったときにはこう書こうと思う。

 

 

私は私がどういう人間かは全く分かりませんが、私は私という人間です。
周りからは「寒さに対して怒る人間らしい血の通っていない怒らない神様」と評価をいただいてきました。この強みを活かし、貢献できるよう努めていきたいと考えています。

もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対なんて言わない方がいい

今となってはあまり会わなくなった女友達はものすごく恋愛体質だった。
実際彼女はモテた。見た目は可愛く、またノリもよいのでモテるのも頷ける。

そんな彼女と結婚関連の話をしていて、彼女が当時付き合っていた彼氏との話になり
「私は今の彼氏以外との結婚を考えられない。もし彼氏と別れたら3年は引きずると思う。」
と彼への愛を力説してくれたのであった。

 

数か月後、彼女はその彼氏と別れ、新しい彼氏とお付き合いを始めていた。
私は混乱し、自分の記憶を疑った。

 

今となっては“元カレ”になっている人以外の結婚は考えられないと言っていたはずだ。
ということは“今カレ”は遊びなの???
遊びが終われば“元カレ”とヨリを戻して結婚するってこと??
どんな性癖なの???
また、確か彼女は「3年」は引きずると言っていたはず。
「3か月」の聞き間違いだったの???

 

結婚してもいいと思えるほど大好きな人と付き合っていれば、
もし仮に別れてしまったときのことを想像したとしても「3か月」は引きずると思う、とわざわざ言わないのではないか。
これから生涯を共に過ごそうと思えるほど大好きな相手との恋の終わりをたった「3か月」で断ち切ることはできないに決まっている。
そうだ。3年は引きずるだろう。恋に疎い私でもそれくらいは想像がつく。
現に巷では
「あなたのことを忘れたい でも忘れられない」
そんな歌で溢れているではないか。
私の記憶は間違っていなかった。彼女は確かに3年と言っていた。

 


いや、待てよ。3か月は一つの区切りとしてよいのかもしれない。
季節はだいたい3か月ごとに入れ替わるし、テレビの1クールは3か月だし、外国へ行く際のビサなし滞在上限期間が3か月のところは多い。
そうだ。「大好きな人」は3か月もあれば、「大好きだった人」となり、新しい恋を始めることができるはずだ。恋に疎い私でもそれくらいは容易く想像がつく。
現に巷では
「あなたとの日々はいい思い出 今までありがとう 私は前に進むわ」
そんな歌で溢れているではないか。

 

なんだ。私のただの記憶違い、もしくは聞き間違いだったのか。
「彼氏のこと3年は引きずるなんて、新しい彼氏作っといてほんまどの口が言うてん!!!!冗談は下の口だけにしろ!!!!」
こんな気持ちを抱いた私を許してね。

 

同級生Dさん「まさかあの人があんなことをするなんて思いませんでした」

最近煽り運転の報道を目にすることが多くなった。

その煽り運転を紹介するニュース番組の中でコメンテーターが「普段は温厚な人でも車を運転すると人が変わる人もいますからね~」というような発言をしていた。
その発言がやけに自分の中に残り、私もある特定された状況で普段の自分とは違うような自分に変わることはないかと考えていた。

 

そんな折、ある特定された環境では私の性格が変わることに気付いた。
それは「電車の中」である。

空いている電車であれば問題ない。私が普段の自分とは違う自分に豹変する状況は「一定以上人がいる電車」である。
それはつまり全員が座れず立つ人もいるような状況だ。

分かりやすい例であれば、優先座席に何の不自由もない若者が座っていて、高齢の方や妊婦の方がやむをえず立っている状況。ただ私はこのような優先座席に本来座るべき人が座れない状況に関してはそこまで腹を立てはしない。
高齢の方や妊婦の方が電車に乗る際には、冷たいようだが座れずに立つリスクは予想しておかなければならない、また譲ってもらって当たり前と考えるのは違うと個人的には考えているからである。
とは言え、みんな高齢の方や妊婦の方、体の不自由な人がいたら率先して席は譲ろうね★いい人アピール

 

私が豹変する状況とは、普通に座れば7人が座れるシートであるはずなのに誰かが足を大きく広げて座っていたり、荷物を座席に置いていたりするために6人しか座れていないような状況だ。
たいてい足を広げているのはハゲ散らかしたジジイだし、荷物を置いているのはアジア圏から来た観光客もしくは気の利かなさそうなババアだ(個人的なただの偏見)
そんな状況を目の前にすると、いつもはあまり怒らないひらちゃんもアグレッシブモードに変身★


ハゲちらかしたジジイを睨みつけ、私も座っていればあてつけのように席の隙間を詰める仕草を大げさにし、持っているカバンをこれでもかというほどに縮こませる。それでも動じないのであれば、何度か咳払いをしたりもする。
ただ私のそんな攻撃が効いたことは一度もない。そんな攻撃が効くような人間であれば、そもそも誰かが立っているのに平気で足を広げたり荷物を置いたりして1.5人分以上のスペースを取ることはしない。

私はそのまま大人しく電車を降りることしかできないのである。

 

普段はあんまり人に対して怒りの感情を抱くことは少ないのだが、電車に乗ると怒りメーターがビンビンに反応するのはどうしてなのか。
大げさかもしれないけれど誰かが得をして、誰かが損をしている状況に対しての私の正義ということにしておこう。いい人アピール★

 

しかし私の正義で誰かが嫌な思いをしていることもあるだろうし、うーん、正義とはいったい何ものなのか。
誰か正義とは何かについて語り合いませんか。

本気でハシゴ店

私は今年の4月から一人暮らしを始めたんだけど、スーパーのチラシを見ることから一日が始まるの。
私が行くスーパーは基本4つ。

① 自宅から最寄りの「L」
② チラシ日は超安いけど、遊園地のアトラクション並みにならぶ「M代」
③ 月曜日は激アツ!!!全品10%オフの「K西スーパー」
④ とにかく安くて大量「G務スーパー」

① の「L」は割と生鮮品も新鮮で、品揃えも豊富なかわりにちょっとお高め。それでも自宅から歩いてすぐ行けるから、よく使うわね。
ただお昼過ぎはパン類に、夕方4時30分頃にはお肉に見切りシールが貼られるからこの時間帯を狙えば安くで手に入れることができるの。

お目当てのものに見切りシールが貼られていれば、心の中でガッツポーズをするんだけど素知らぬ顔をして、けど他の人に絶対譲らずに素早く商品を手にするのも慣れたものよ。
あとは水曜日と土日はポイント3倍になることが多いから、お米や少し値の張るものはできるだけこの日に選んで買うようにしているわ。


②の「M代」は自宅からは遠いんだけど通勤路にあるから、仕事終わりによく利用するの。安売りの日はお肉が特に安くなるので、すごく重宝しているわ。
ただチラシ日はかなり客数が増えて、レジに並ぶのが15分なんて日も。

待ち時間は暇だから前後にいる奥様たちと話すこともあったりして、そんなときは「ワシどこの主婦やねん」って思うわ。

けどその奥様たちからは「学生さんなのに自炊して偉いわね」なんて言われるの。私はいつの日か主婦として認められる日がくるのかしら。

 

月曜日だけは特に買うものがなくても③の「K西スーパー」に行くの。だって月曜日はお酒以外が10%OFFになるんだもの。

普段は節約に努めているけれど、この日は少々の出費は厭わない。ここではお菓子や冷凍食品を買うことが多いわね。ただ10%OFFに釣られて買ってしまった後に、他のスーパーの普段の値段の方が安かったなんてこともあるから注意が必要ね。
あとこのスーパーには併設のお花屋さんがあって、月曜日にはお花を買うの。お花屋さんって少し敷居が高いイメージがあるけれど、さすがは民度低めな地元。

お花屋さんの店員さんが全くナチュラルでなくキラキラもしてなくて(最高の誉め言葉よ)、気軽に買うことができるの。季節のお花や綺麗な色のお花を選ぶことは最高の楽しみの一つね。『花のある 訂正な生活』のインタビュー依頼待っているわよ。

 

まとめ買いしたいときや量が必要なときは「G務スーパー」に行くわね。一人暮らし始めたては今より更に節約に燃えていて、休みの日にまとめて買ってまとめて冷凍していたりもしていたんだけど、そこまでするのに少し疲れてしまったから最近はあまり行かなくなったわ。

ただ普段から牛乳と卵が安いから、この二つが必要なときはわざわざここに行くこともあるの。

 

この4つのスーパーを時にはハシゴして、なるべく節約して生活しているんだけど私は一体なんのために節約しているか時々分からなくなるの。
結婚資金が必要なわけでもない、車や家を買う予定も全くない。
いまの仕事は決して高収入ではないけれど、一人で暮らす分には問題のないお給料は貰っているわ。
なのにどうして私はこうまでして、毎日チラシを見比べて、毎日1円単位で家計簿をつけているのかしら。

それはきっと私が貧乏性だからなのよ。

時々貧乏性の自分に嫌気がさして、何も考えもせずに買い物をすることもあるの。
だけどね、そうすると決まって

「あっちの方が安いのにもったいないことをした」

「この50円の差×4でビールが飲めたのに」って思ってしまうのよ。

だから私は懲りもせず、まず①のスーパーで値段だけを確認して、②のスーパーにも行く。①の方が安ければ①に戻って買い物をし続けるの。
あぁこの時間がもったいない、そんな数十円の差なんて大したことないじゃないか、と毎回思うのよ。

だけどね、それで割り切れる程できた人間じゃないの。
安く買えたことは喜びだけど、それ以上に自分の貧乏性にウンザリ。

これは一種の病気ね。私は一生この病気と付き合わなければならないのかしら。

 

明日の予定??もちろんスーパーのハシゴよ。

酔いどれひらさん

この前、友人達と週末に1棟借りできる家で1泊してきました。
キャッチボールしたり、BBQしたりと楽しい時間を過ごしたはずです。

そりゃもう楽しかったと思います。恐らく楽しかったはずなんです。
とてもいい思い出ができたと思います。いい思い出ができたはずなんです。

思います?恐らく?はず?どういうことでしょうか。
半日くらいしか記憶ないんです。
なんでかって?
Because飲みすぎて記憶なくしたから。
夜中に目が覚めて
「あ久々のこの感覚まじ記憶ない忘却のかなた


そこからは一人猛省タイムに入ります。
「自分片付けした記憶1ミリもない。ハシャぎたいだけハシャいで、片付けせんと寝てドクズやわ……」
「酔っぱらって調子にのって、絶対友達が傷付くこと言うてしまったわ……」
「明日どんな顔してみんなに会ったらいいん……」
そう思うのもつかの間、眠気に負けて爆睡。

翌朝、二日酔いも手伝ってもちろんそんな反省は「忘却のかなた

友人名をA男としましょう。
私は瞳孔が開ききった状態で
「A男はほんまに悪くない、A男は全然悪くないからね」と頬杖をついて、ひたすらに繰り返していたそうです。
カウセリングでもしている気分になっていたのでしょうか。私がカウセリング受けるべきですね。
けどこうなったのもお酒のせいですので、誰か「ひらちゃんは悪くない、悪いのはお酒だからね」って言ってくれませんか。

このように酔って記憶があったり、なかったりとマチマチですが、年に数回お酒で醜態を晒すことがあります(数回で済んでいることにしましょう)。
以下、女性の方に不快な供述になってしまうかもしれません。先にお詫びお申し上げます。


私は親しい女友達には生理のことを「ガールズ」と言って、開口一番に「今日ガールズ??」と聞いてしまう性癖があります。私は変態か小学生のどちらなのかもしれません。
特に酔っている際はガールズについてもズケズケと言ってしまいます。

ある日の飲み会でそこは座敷席。
集まった友人のうち一人(B子としましょう)がガールズでした。
「なぁ??ガールズてどんな感じ??」
「B子はガールズ重め??周期安定してる??」
女友達同士でも、関係によっては、友人関係が破綻しかねない内容を根掘り葉掘り聞きます。
そしてなぜか答えてくれるB子。

ガールズ真っただ中なB子は、その後ガールズの影響か、それとも私がルナルナでもないのに性情報を与えてしまった影響か、少ししんどそうに壁に背を預けて伸びていました。大丈夫、ひらちゃんルナルナは個人情報遵守です。

そうすると男の店員がきて「お客さん、寝られると困るんで起きてもらえますか」とだけボソっと言って去っていきました。
その一言で私の酔いボルテージは一気にMAX。
「B子!!アンタは今ガールズなんや!!なんも気にせんとそのままでいい!!もしもう1回あの店員が何か言いに来たら、言うたるわ。『お前は女性の月経の辛さを知っているんか!!!!!お前も月経になってみ!!!まずはルナルナ登録しろよ!!!その辛さ知ってから同じこと言うてみ!!!!』 ってな!!!だからB子はそのままでいいんや!!!そのままのB子でいいんや!!存在しているだけで尊いんや!!!!」
店員に切れた気持ちはわかりますが、後半は意味不明。B子もガールズでしんどいのも忘れ、ポカーンです。ポカーンとしているB子も尊い

このように時にお酒で醜態を晒す私ですが、そんな私にでさえ
「あんなひらちゃん初めて見たわ~~~」
「ひらちゃんにはルナルナ情報言えるわ~~~」
「また飲みに行こうな~~~」
と言ってくれる私の友人、ほんまえぇ子ら。酔ってなくてもやっぱ友達は尊い

醜態を晒した後は「もう酒なんか一生飲まん!!」
と誓うのですが、もちろんそんな誓いは破り、すぐ飲む始末。
酒飲む前に、まずは友人の爪の垢を煎じて飲むべきですね。
いや、どんだけ仲良くても、爪の垢は飲みたくないわ。
爪の垢飲むくらいなら、やっぱビールでお願いします。

わすれもの

今日掃除をしていたら、こんなものがでてきました。

f:id:yoki17:20181030170321j:plain

ちょうど6年前の今頃、私は母校の小学校で教育実習をしていました。
その実習が終わる際に子どもがくれた手紙です。

この手紙をもらった学生時代の私はこう思ったはず。
「私も君のことをぜったいにわすれないよ。」

けれど私はこの子の名前を見ても、すぐには顔を思い出せませんでした。
この手紙をもらった時は、このことを絶対に忘れないと心の底から思い、一生の宝物だと思っていたはずです。
あんなにも心動いたことなのに、平気で忘れる私。

けれどふと、こうも思いました。
「この子もきっと私のことを忘れている。」
たった1ヶ月だけいた私のことを覚えているはずはない、思い返すことなど絶対にない。
ただ、この子が現在どんな子に成長して、どんな生活をしているかは分からないけれど元気に毎日を過ごしていたらそれでいい。

不思議とそう思いました。
そして忘れることも悪くないなぁと感じたのです。

 

私たちは、何かの区切りの際にこういったことを言いがちです。
「卒業してもずっと友達だからね。」
「いつもいつも、カヤは兄さまを思っています。きっと、きっと、、、」
「私もだ。いつもカヤを思おう。」
「距離なんて問題ない。絶対に毎日電話するよ。」
「会いに行くよ、ヤックルに乗って」

けれどいざ日常が始まると、あんなにも強く思ったはずなのに、その時の気持ちに1ミリもウソはなかったはずなのに、時間と共にどんどん思いは薄れてしまって、最後にはなかったことになってしまう。

それを薄情だと思う人もいるかもしれない。
ウソつきだと言われてもしょうがないかもしれない。

大好きだった人から忘れられたり、大切な人にとって自分がどうでもよい存在になることは辛い。

けれど私たちはそうやって過ごしてきたし、これからも大切であるはずのことを忘れて、新しい何かと出会っていく。

卒業しても続く友情なんてひと握りだし、退職する際に「たまには顔を見せろよ」と言われても実際に前の職場に出向くことなんてしない。
初恋の人は忘れられないとよく言うけれど、多くの人は初恋の人ではない大好きな人と結婚して新しい家族を作っていく。

愛する人が亡くなっても私たちは平気で、もしくは平気なふりをしてその先の自分の人生を生きていかなければならない。
だから少し寂しいことだけれども、忘れることは決して悪いことじゃない。

時間が過ぎていくことは、戻れない時間がどんどん増えて、忘れてしまうことがどんどん増えること。
それは怖い気もするけれど、それだけ前に進んでいるという証でもあるのだ。

覚えていないような小さな思い出も、私たちに影響を与えているはずだ。
だから忘れるくらいでちょうどいいのかもしれない。


あなたが毎日を楽しく過ごせるのであれば、誰も私のことを覚えていなくてよい。
と私は心から思ってこの記事を書いているのだけれど、このことでさえ私はすぐに忘れ、
「ワシのこと忘れんといてな!!!!この先も絶対連絡してな!!!!」
と他者には要求するくせに、肝心の私はその人たちのことを平気で忘れるような愚か者であるということは覚えておいてください。

 

Thai行く祭

サワディカー。

秋深まるなか、食欲の秋に、スポーツの秋、私はもっぱら読書の秋です、みなさまいかがお過ごしですか。

野球のクライマックスシリーズで世間は盛り上がっていたらしいけど、スポーツに疎い私は、クライマックスと言う程だからクライマックスなんだろうなぁというほどの感想です。

引退を決めた福原愛ちゃんにはお疲れ様と言いたいですが、私のあまり仲のよくない姉が福原愛ちゃんに似ているので、愛ちゃんを見ると姉を彷彿とさせ、素直に労いの言葉がかけられない。サーーーーー。

 

そんなスポーツにあまり興味のない、というかスポーツが苦手な私ですが、唯一高校の体育祭には燃えました。
そんな体育祭のお話でも今日は書こうかな。


母校の体育祭のメインは団ダンス(今でもそうなのかは知らないけど)。
走りが早い訳でもない、棒倒し系のパワー種目なんて戦力外通告の私が

体育祭に燃える理由は団ダンスオンリー。

帰宅部だった私が唯一輝ける場所。

 

他の高校は団への参加は有志を募るか、もしくは各クラス何名選出という形をとることが多いらしい。

しかし母校では、1、2、3年の各学年1クラス全員40名ずつが、他学年と組み合わさり合計約120名で一団となる仕組みであった。

一、体育祭で踊らざるもの我が校の生徒でなし!!!!

一、アホでもアホじゃなくても踊らにゃソンソン!!!

と生徒手帳の校則に記されてるのでは?

と疑いたくなるほど団ダンス参加への恐るべき強制力をもっていたのである。


一応建前は任意参加なのだけれど、不参加の祭にはクラス全員の前で参加しない事を知らせ、その理由を表明しなければならない。
なぜなら男女ペアダンスという、なんちゃってアベックをクジ引きによって作らなければならず、一名でも不参加の生徒がいると、男×男、もしくは女×女、あるいは見ず知らずの先輩or後輩とペアになる可能性が出てくるからだ。

よって1名でも不参加の者が出ると
「お前のせいで体育祭という秩序が乱された」
「アンタのせいで私が女ペアにでもなったら私の青春、一生償えよ??」
とクラス全員から無言の暴言を浴びることになるのである。

高校にもなると、弱肉強食の社会のシステムはしっかり出来上がっている。
このリスクを負ってまで、ただ出たくないという理由だけで

「参加しません…...」

と10代半ばの少年少女は言えるだろうか、否、言えない。
そして若きひらちゃんも、こと行事の際には有言でも無言でも圧力をかけまくる存在だったことをお許しください。


全国の高校の団ダンスでも掛け声はあると思うが、我が母校も例に漏れず、簡単な振り付けに合わせた掛け声が、体育祭を語るうえで外せない。


どの団も男女ペアはなぜか愛し合う二人という設定で、

やっっすーーーーい愛の言葉をささげ捧げ合うか、

赤団最強!青団に敵なし!!絶対優勝!!!

というものがほとんど。

男60名「お前が一番好きやねん~♪♪♪(連日の練習でガラガラ声)」
女60名「ウチもアンタなしでは生きてけへん~♪♪♪(連日の練習でダミ声)」
120名全員「優勝させてPTA~~~♪♪♪(まさに阿鼻叫喚)」

10代半ばという若さで島原の乱の総大将となり、志半ばで敗死した天草四郎と、体育祭という健全であろう行事で、親や教師の前で、はばからず聞くに堪えない大声で好きでもない相手に大ウソの告白をし、採点を左右するPTAという権力者に大声で媚びへつらう10代半ばの私たちの違いは火を見るよりも明らかである。

 

どこにでもあるような公立高校の、小さな体育祭のことで、あの頃は一喜一憂していた。

けれど優勝しても最下位でも、その後の人生にはきっとなんの影響もない。

それでも楽しかったよ、体育祭。

 

ただ今になって気になるのは、本当は参加したくない彼らがどんな気持ちで
「優勝させてPTA………」
って言っていたんだろうなぁということです。